希望するボトルのタイプかチェック

使い捨てタイプのメリット二つ!

使い捨てタイプにはボトルタイプとパックタイプがあります。使い捨てタイプにはメリットが二つあります。一つはいつも新しいボトルで水が手元に届くこと。二つめは使用済みのボトルを、そのまま家庭ごみとして処分できることです。またボトルタイプは12リットルの大容量サイズまで対応しているメーカーもあるので、ご自身の使用頻度にあわせて選ぶことができます。

パックタイプはウォーターサーバーの上にそのままボトルを差すのではなく、下へ設置して電気の力で水をくみ上げるしくみです。大きさもボトルタイプより比較的コンパクトサイズなものが多くあります。重たいボトルをサーバーの上に置くことが不安な方は、下へ設置するパック型を選ぶと安心です。

リサイクルタイプのボトルは頑丈でエコ!番外編もアリ

リサイクルタイプのボトルは使用済みになったボトルを、毎回業者が回収してくれます。ボトルは工場で丁寧に洗浄、殺菌をします。そして清潔なボトルとなって再利用されます。プラスチックごみ削減になるので環境に優しくウォーターサーバーを利用できます。そして利用者の元にいつも新鮮な水が届きます。またリサイクルタイプのボトルは固くて頑丈です。持ち手が付いているボトルもあるので、水を交換するときはしっかり持って運ぶことができます。 番外編として、ボトルを使用しないウォーターサーバーがあります。それは水道とサーバーを直接つなぐタイプのものです。水道水を使用するウォーターサーバーになるので、ボトルを交換する必要がなく利用できます。

水のサーバーは、希望の天然水やRO水を必要な量だけ取り寄せることができ、業務用ばかりでなく一般家庭向けの物も続々と登場しています。